banner
ニュース センター
グラフィックデザインにおける印象的な経験。

Aldi スーパーマーケットの棚 R290 ヒートポンプ用 HFC

Jul 14, 2023

2016 年以来、ヴァイラントは英国にある 7 つの地域配送センターで暖房ソリューションを提供してアルディをサポートしてきました。

導入の成功を受けて、Vaillant の aroTHERM プラス ヒート ポンプは、5 年間の独占契約の一環として、英国全土のすべての新しい Aldi 店舗に設置されています。

敷地の規模に応じて、各店舗には 2 ~ 5 台の aroTHERM と 12kW ユニットが設置され、システム効率をさらに確保するために、Vaillant の sensoCOMFORT 暖房制御も指定されています。

設置が成功した後、aroTHERM Plus ヒートポンプはそれぞれ、契約の 10 年間のサービス契約に基づいて Vaillant によって試運転および保守が行われ、各ユニットの運用効率が最大化されることが保証されます。

契約の一環として、Vaillant の aroTHERM plus ヒート ポンプは、Leamington Spa にある Aldi の新しいエコ コンセプト ストアにも設置され、このユニットは暖房と冷房の両方を提供します。

2022年9月にオープンしたこの店舗は、持続可能な建築材料と設計変更により、二酸化炭素消費量を大幅に削減するように設計されており、ライフサイクル排出量を最大3分の2削減すると推定されている。

Aldi UKの国有財産ディレクター、ジョージ・ブラウン氏は、このスーパーマーケットは2019年からカーボンニュートラルを実現しており、これによりAldiは自然冷媒に移行したと述べた。

「最近、当社は新規および改装済みの店舗に冷却ドアを追加することに投資しました。これにより、各店舗のエネルギー消費量が約 20% 削減されます。しかし、これは、既存の熱を発生する熱源に代わる持続可能な熱源が新しい拠点に必要であることを意味しました。持続可能な低炭素オプションとして、ユニットに自然冷媒が使用されているため、Vaillant の aroTHERM plus を指定する決定が下されました。」と彼は述べました。

2020年に発売されたaroTHERM plusは、地球温暖化係数がわずか3のR290を使用しています。 この HFC フリー冷媒を使用することで、aroTHERM plus は冷媒充填量の 60% 削減を達成し、その結果、二酸化炭素排出量はわずか 0.83kg* となり、これは車で 15km 移動するのと同等の生涯影響に相当します。

さらに、aroTHERM plus は最大 75 度の温水流温度を達成できます。これは、バックアップ ヒーターを必要とせずに、水が使用可能な温度でシリンダー内に保管されることを意味します。

Vaillantのコマーシャルディレクター、スティーブ・シプリアーノ氏は、ネットゼロの未来に向けた動きが加速し続けており、コマーシャル環境における熱の脱炭素化がこの目標を達成する上で重要な役割を果たすだろうと述べた。

「小売業者が最近立ち上げたエココンセプトの店舗内に当社の aroTHERM plus ポンプを設置したことは、低炭素暖房技術と他の持続可能な建築材料を組み合わせて、どのように未来の小売店を実現しているかを示す輝かしい例となっています」とシプリアーノ氏は述べた。

Vaillant Group は、省エネで操作が簡単な暖房、冷房、温水ソリューションを顧客に提供する 141 年以上の歴史を持つ国際的な家族経営企業です。

同社は加熱技術の中核事業において、この分野で欧州第 2 位のメーカーです。 さらに、Vaillant グループは換気および空調技術市場にも積極的に取り組んでいます。

同社は、英国のほか、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、スロバキア、トルコ、中国の拠点で製品とサービスを開発、製造しています。

同社は昨年、レムシャイトのドイツ本社内にある研究開発センターで最初の100パーセント水素ボイラーを開発した。

ニュースレターの登録

サインアップすると、毎週の更新情報と最新の HVACR ニュースを電子メール ニュースレターで受け取ることができます。

ヨーロッパのメーカー Vaillant は、aroTHERM と空気源ヒートポンプを提供するために Aldi スーパーマーケットと契約を結びました。