banner
ニュース センター
グラフィックデザインにおける印象的な経験。

第 4 世代 Intel Xeon でアップデートされた Cisco UCS サーバ

Aug 06, 2023

シスコは、第 4 世代インテル Xeon スケーラブル プロセッサを搭載した最新世代のサーバ、第 7 世代の UCS C シリーズおよび X シリーズ サーバのリリースを発表しました。 これらのサーバーは、人工知能やデータ分析などの最新のワークロードに優れた柔軟性とパフォーマンスの向上を提供するように設計されています。 さらに、サーバーは Intel Data Center GPU Flex シリーズをサポートしており、アプリケーションの高速化が可能です。

シスコは、第 4 世代インテル Xeon スケーラブル プロセッサを搭載した最新世代のサーバ、第 7 世代の UCS C シリーズおよび X シリーズ サーバのリリースを発表しました。 これらのサーバーは、人工知能やデータ分析などの最新のワークロードに優れた柔軟性とパフォーマンスの向上を提供するように設計されています。 さらに、サーバーは Intel Data Center GPU Flex シリーズをサポートしており、アプリケーションの高速化が可能です。

Cisco によれば、新しいサーバーは、今日 IT 組織が直面している 2 つの主要な懸念事項に対処します。 1 つ目は、ますますダイナミックになるエンタープライズ ワークロードをサポートするための最新のインフラストラクチャの必要性であり、2 つ目は、エネルギー効率の高いインフラストラクチャと高度な監視および管理システムを通じて、運用の持続可能性を高めるために IT 組織に対する厳しい監視が高まっていることです。

新しいサーバは、Cisco Intersight によって可能になった簡素化された IT 運用とともに、UCS ポートフォリオ全体でより多くのオプションを提供し、UCS X シリーズの将来に対応したモジュラ アーキテクチャを活用することで、顧客がこれらの問題を解決できるように支援します。

UCS X シリーズは、ブレード シャーシとその内部のコンピューティング ノードで構成されます。 Cisco UCS X シャーシは、ミッドプレーンのないシャーシです。 計算ノードは前面から垂直に挿入され、背面の I/O 接続モジュール (水平方向) に接続されます。 シャーシのサイズは 7U で、さまざまなノード用に 8 つのスロットがあります。 システム全体はクラウド管理されており、柔軟性に優れています。

Cisco UCS X シリーズ

最新のインテル プロセッサのサポートにより、シスコは X シリーズ用の 2 つの新しいブレード、Cisco UCS X210c M7 コンピューティング ノードと Cisco UCS X410c M7 コンピューティング ノードを発売しました。

Cisco UCS X210c M7 コンピューティング ノード

Cisco UCS X210c M7 コンピューティング ノードは、プロセッサあたり最大 60 コアと最大 8 TB のメイン メモリを備えた最大 2 つの第 4 世代インテル Xeon スケーラブル プロセッサを備え、さらに最大 6 台のホットプラグ対応 SSD とオプションの 2 台の M.2 ドライブを備えています。ハードウェアRAID。

注: ドライブには、フロント メザニン モジュール スロットに RAID またはパススルー コントローラーが必要です。

Cisco UCS X410c M7 コンピューティング ノード

Cisco UCS X410c M7 コンピューティング ノードは、Cisco UCS X シリーズ モジュラ システムに統合される初の 4 ソケット第 4 世代インテル Xeon スケーラブル プロセッサ コンピューティング デバイスです。 幅広いミッションクリティカルなエンタープライズ アプリケーション、メモリ集約型アプリケーション、ベアメタルおよび仮想化ワークロードに高いパフォーマンスと効率の向上をもたらします。

このサーバーは、プロセッサあたり最大 60 コアの第 4 世代 Intel Xeon スケーラブル プロセッサと最大 16 TB のメイン メモリを 4 基搭載し、さらに最大 6 台のホットプラグ対応 SSD とオプションのハードウェア RAID を備えた 2 つの M.2 スロットを備えています。

どちらのノードにも、オプションのフロント メザニン GPU モジュール、mLOM 仮想インターフェイス カード、および X-Fabric テクノロジー用のオプションのメザニン カードが含まれています。 このサーバーは、オプションのトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM)、セキュア ブート FPGA、ACT2 偽造防止機能などのセキュリティ機能も提供します。

注: ドライブには、フロント メザニン モジュール スロットに RAID またはパススルー コントローラーが必要です。

ブートドライブのオプション:

GPU オプション:

Cisco UCS C220 M7 ラック サーバは、高密度、1RU、2 ソケット ラック サーバで、第 4 世代 Intel Xeon スケーラブル CPU、ソケットあたり最大 52 コア、最大 4 TB の容量に対して最大 32 個の DDR5 DIMM をサポートします。最大 3 つの PCIe 4.0 スロットまたは最大 2 つの PCIe 5.0 スロットを備え、Cisco UCS VIC 15000 シリーズ アダプタをサポートします。 さらに、SAS/SATA または NVMe ドライブのオプションと M.2 ブート オプションがあり、最大 3 つの GPU をサポートします。

Cisco UCS C240 M7 ラック サーバは、主流のビジネス アプリケーションおよびユースケース向けに設計された 2 ソケット、2RU フォーム ファクタ サーバです。 C220 によく似ていますが、スペースに余裕があるため、拡張のオプションが増えています。 C240 には、最大 28 台の NVMe SSD をサポートするバックプレーン オプションもありますが、現時点ではサポートは Gen4 x2 に限定されています。 このシステムは、最大 8 つの PCIe 4.0 スロットまたは最大 4 つの PCIe 5.0 スロットをサポートし、5 つの GPU がサポートされます。

Cisco ラック サーバー

Cisco X シリーズ

StorageReview と連携する

ニュースレター | ユーチューブ | ポッドキャスト iTunes/Spotify | インスタグラム | ツイッター | TikTok | ティックトック RSSフィード

ブライアンはオハイオ州シンシナティに拠点を置き、StorageReview.com のチーフ アナリスト兼社長です。

Cisco UCS X210c M7 コンピューティング ノード Cisco UCS X410c M7 コンピューティング ノード